聞き取れない留学でリスニング力を上げるには

###Site Name###

リスニング力の向上には留学が効果的です。
誰と話すにしても英語が使われるし、テレビを付けたら英語が流れています。


英語の音に耳が慣れると、最初は聞き取れなかったものが段々と聞き取れるようになってきます。

英語のリスニングを身につけるのに必要な時間は1000時間と言われています。


ただ聞き流すだけではあまり効果はなく、集中して英語を理解しようと聞くことが大切です。

留学情報もきっとあるはずです。

1000時間と言うと、一日3時間聞いてやっと1年掛かって達成する時間数です。
日本で生活していて、授業や仕事の合間に3時間も英語を聞き続ける時間を作るのは難しいことです。

留学をすれば、一日中英語を聞き続けることになるので、無理なく1000時間を達成することが可能です。

留学することになってすぐに英語が聞き取れるようになるかというと、最初の内は努力が必要です。

ニュース番組や映画のスクリプトを見ながらリスニングの練習を積み重ねます。

マイナビニュース情報サイトの利用価値をご存知ですか。

スクリプトを読んで意味は分かるのに、耳で聞くと何を言ってるのか全然分からない、というのはよくあることです。

ネイティブは発音を省略させたり、単語と単語の間の音をくっつけたりしているので、文字通りには聞こえないのです。


たくさんの量を聞いて、音のパターンに慣れていくと、自然と言っていることが理解できるようになります。

同じ教材を何度も何度も繰り返して聞くことはリスニング力アップに有効です。


内容が理解できている教材を何度も聞いて、音のつながりや抑揚を身に着けていきます。