海外留学時には予防接種を受ける必要がある点に注意

###Site Name###

海外留学時には各種予防接種を受けなくてはいけません。
日本にはないさまざまな病気が海外には存在しているからです。とくに重要なのが、狂犬病の予防接種です。

日本は世界でも珍しい狂犬病の撲滅に成功した国の一つです。

ですから日本では狂犬病は過去の病気であまり気にすることがないのですが、海外ではまだまだ狂犬病での死者は多いです。
ワクチンを打っておかないと、現地の動物に噛まれただけで最悪の場合死んでしまうこともあるので注意です。

Yahoo!ニュースはかなり有益な情報が揃っています。

狂犬病という名前がついていますが、犬だけではなくて他の動物に噛まれたときにも発症することがあります。
この予防接種を受けたことを証明する書類がないと、入国できない国もある点は、最低限知識として持っておきましょう。


留学をする国によって、どういった予防接種の証明書が必要なのかは違ってきます。
そこは、各国の外務省のページを参考にしたり、留学エージェントの説明をよく聞いて確認をしておきましょう。

予防接種は、できるだけ早く受けておくに越したことはありません。


出発の時期が近づいている最中は忙しいものですし、最悪予防接種が受けられなくて出発できないケースも考えられます。

ポリオワクチンや、日本脳炎ワクチンは、東南アジア諸国に旅立つときには必須です。



黄熱病が流行っている国もありますし、事前に調べて対策を取っておきましょう。

東南アジアやアフリカ諸国への留学時には、さまざまな種類のワクチンが必要になります。

留学情報探しのサポートをいたします。