敏感肌の人がオールインワンゲルを選ぶときの注意点

敏感肌や肌トラブルを抱えた人にとって、化粧品選びは大変です。

オールインワンゲルの敏感肌の有益な情報のご紹介です。

ちょっとしたことでも刺激を受けやすく、デリケートな肌の人にとって直接肌に触れるものを選ぶときには、その成分に注目し、低刺激のものを選ぶようにしましょう。

今、人気になっているオールインワンゲルもその一つ。肌によい成分ばかりが配合されているとはいえ、敏感肌の人にとっては刺激がある成分が含まれている可能性もあります。

では、敏感肌の人はオールインワンゲルは使えないのか?と言ったら、そんなことはありません。オールインワンゲルは、化粧水・美容液・乳液・保湿クリームなどを一つにまとめたスキンケア用品。これ一つですべてのスキンケアが済んでしまうので、手間がかからずコスト的にもうれしい商品です。

ゲルはドイツ語でゼリー状で粘着のあるものを指しますが、オールインワンゲルも粘着質で濃厚なものがほとんど。



とくに乾燥が気になる人にはおすすめの商品です。

その中で注目してほしいのは、合成界面活性剤や合成ポリマーなどの成分です。

これらは肌への刺激が強く、乾燥肌の人にはおすすめできません。



また、美白効果が高いものにはハイドロキノンが含まれている商品があります。これはメラニンの発生を抑え、シミを防ぐ役割をしてくれる成分ですが、やはり刺激が強く炎症の原因になる可能性が多いものです。ほかに注意したい成分としては、パラペンやレチノール、エタノールなどがあります。
これらは一般的な化粧品にはよく含まれている成分です。

反対に敏感肌の人におすすめしたい成分は、肌のバリア機能を高める役割をするセラミドです。

セラミドは、肌の角層の間でスポンジのような役割を果たしています。
肌に必要な水分や油分を取り込み、接着させる働きをする大事な成分。

もちろんオールインワンゲルにもセラミドを含んだ商品はいくつもありますので、選ぶときの参考にしてください。